不治と言われた病に手厚い生命保険

天井の崩落事故で亡くなったお子さんの家族への補償の話と生命保険が子供にも必要ということを書きました。

生命保険での子供の事故の補償

生命保険に加入するのは、それぞれ自由ですが、残された家族には、とても重要な内容となります。
特に奥さんや子供たちが生命保険の補償を受け取る場合は、生活がかかっているということも言えると思います。

しかし他にも家族で子供に生命保険をかけている場合にも助かることもあります。
私の知り合いでも女性でしたが、生活に困窮していて、借金もかさみどうしようもなくなった時に、その弟さんがあるお店で事故にあいました。
そのお店に客として行っていたのですが、急に天井が崩れて、その下敷きになり、その人だけ運悪く亡くなったそうです。
まだ20代の若さでしたが、その人も生命保険に入っていて、その保険がおりて保険金をもらいました。

それで、家族に分配されたそうで、その女性も借金を払うことができて、生活苦からは解放されたそうです。
その女性から見ると弟さんなので悲しんではいましたが、結局は、その弟さんが家族を救ったということになりました。
もし生命保険に加入していなければ、田舎の繁盛してもいないお店の事故だったので、保証金がもらえたかどうかもわかりませんでしたが、生命保険に入っていたおかげで、家族が再出発することは、できたということになりました。
感情的にはなんともいえない事実ですが、残された家族も生きていかなければならないので、できるだけ、その家族のためになる結果が残されることが大切でしょう。そのような意味でも生命保険は、加入しておくと助かるものです。

オススメのサイト

Copyright 2021 不治と言われた病に手厚い生命保険 All Rights Reserved.