不治と言われた病に手厚い生命保険

子供だから生命保険が必要でないわけがありません。早急に決めることはありません。家族で話し合いましょう。

子供にこそ生命保険が必要です

まずは、子供には生命保険が必要でないという考え方が間違いです。
病気や怪我や事故などは、誰にも分からないからです。
子供だから事故にあわないなんてことありえません。もちろん、病気や事故がない人生のほうがいいです。

ですが、万が一のことは考えておいたほうがいいでしょう。もちろん、必ず入らなければいけないわけではありません。まずは、資料請求をするか、無料相談などを受けて候補を決めましょう。それから保険料や保障などからどの保険に入るのか決めましょう。あくまでも用心のための生命保険であることを、忘れないようにしましょう。

子供の生命保険の話となると、なかなか切り出せないという人も多いです。
当然のことですが、人生すべて思い通りにいくわけがありません。ですので事前にしっかりと話し合っておく必要があります。
できれば子供が生まれる前に、ある程度決めておいたほうがいいでしょう。なぜならば、子供が生まれるとやるべきことが増えて生命保険どころではなくなる可能性のほうが高いです。
もちろん、保険に入らなくても十分な備えがあるのならば問題はありませんが、一般的な家庭ではなかなか備えるのは難しいことです。
できるときにできることをやっていれば、そうそう困った事態になっても対応できます。
そのためにも、家族で話し合っておく必要があります。
一回や二回ではなく、納得するまで何度も話し合っておいたほうがいいでしょう。ただ、慌てて決める必要性は全くないので、じっくり考えて結論を出しましょう。

Copyright 2021 不治と言われた病に手厚い生命保険 All Rights Reserved.