不治と言われた病に手厚い生命保険

なにかあってからでは遅いので自分も子供も生命保険にはいっておくのは大切だなと親になって考えるようになりました

万が一の時に子供のための生命保険

子供が産まれる前は生命保険についてそんなに深く考えたこともなかったのです。

しかし実際に子供が産まれて自分が親になっているとこれからこの子になにかあったらどうするか、自分や夫に何かあったときどうすればいいのか色々と考えるようになりました。
きっかけは子供にかけてあげる学資保険について調べ始めたからです。
学資保険は万が一の話しではありますが掛けている夫が不慮の事故などで亡くなってしまった場合にそれ以降のお金を免除してもらえます。
考えたくない話しですし、そのまま払い続けることができれば一番いいのですが、子供を持つ友人にきいたところはやり同じような事を話していました。
誰もが考えたくない事だが子供だけが残されてしまったときの事を考えて生命保険に入っているそうです。

生命保険に入るのは大体が自分が社会人になってから、それまでは親が欠けてくれている保険に入っている場合が大抵です。
社会人になってすぐに結婚でもすればまた別ですがそうでなければそんなに深くこれから何かあったらどうしようなどと考えて細かく決めてまで保険選んではいないのではないでしょうか。
結婚して子供が産まれてというのは保険を見直すきっかけの一つとよく言われています。
私もそうでした。
これからどうなるのか、自分たちがどうやって生活していくのか予算との相談ではありますが家族を守るための一つの手段だと思って保険は色々と保険会社ごとに比較してから選ぶといいと思いました。

Copyright 2021 不治と言われた病に手厚い生命保険 All Rights Reserved.